春夏秋冬使い分け?効果の高いスキンケア方法

保湿してあげること

冬の寒さや乾燥はお肌にとってはとても大きなストレスとなります。
寒い屋外から帰宅したら、まずは身体を温めたいと思うでしょうが、早目の「クレンジング」で肌のストレスを和らげてあげましょう。
冬は寒さのため血行が悪くなってしまいがちです。
冷え症ではない方でも手足が冷たくなってしまうことが多くなります。
「クレンジング」をする際には、まず手をお湯で温めてあげるとより効果がアップします。
また手だけではなく手のひらでクレンジング剤を少し温めてから使うようにすると汚れ落ちが向上します。
同様に「洗顔」の際にも人肌程度の暖かいお湯で洗ってあげるようにしましょう。
ただし熱いお湯は気持ち良く感じますが、肌にとって大切な天然保湿成分なども洗い流してしまいますので、あまり熱いお湯は使わないように注意しましょう。
乾燥はお肌の大敵ですので、ヒアルロン酸などが配合された「化粧水」でしっかり潤いを与えてあげることが大切です。
シミなどが気になる場合にはビタミンC誘導体が入った美白化粧水を利用すると良いでしょう。
最後に「美容液」ですが、乾燥する冬場は普段よりも多めにつけてあげましょう。
顔全体はもちろんですが、乾燥が気になる個所は重点的に保湿してあげることが大切です。
乾燥は肌の老化や、シミ、シワといった肌トラブルを引き起こす原因となります。
乾燥がひどい場合には美容液パックなども利用するようにしましょう。
冬場のスキンケアは肌年齢をキープする上で最も重要な季節と言えますので、しっかり潤いを与えてあげましょう。