春夏秋冬使い分け?効果の高いスキンケア方法

一日中潤いを持続させる

冬は寒さが厳しいことはもちろんのこと乾燥が肌にはとてもツライ季節となります。
特に普段から乾燥肌の人にとってはスキンケアの重要性がより高まる季節ですので、水分補給と保湿を心がけていきましょう。
冬の朝の「洗顔」は乾燥が気になるからと言ってマイルドなものを使用したくなりますが、これは脂分が肌に残り老化の原因になってしまいますので要注意です。
脂分が残ってしまうことはその後の化粧水の浸透にも影響がありますので、まずはしっかり洗顔することがスキンケアの第一歩となります。
「化粧水」は保湿性分がたっぷりと入ったものを使い、しっかりとお肌に水分補給してあげることが大切です。
カサつきが気になる部分にはコットンなどを利用して丁寧に化粧水で潤いを与えてあげましょう。
次に「美容液」は特に乾燥が気になる個所を重点的につけてあげることが大切です。
また、冬は美白美容液を使うと透明感が向上します。
最後に「乳液」についてですが、乾燥によって化粧のりが良くない個所を重点的につけてあげましょう。
ただし、脂性肌の場合はつけ過ぎに注意することが大切になります。
冬場のスキンケアは何と言っても乾燥対策が重要です。
暖房によって失う水分量も多くなってしまうので、水分補給と保湿がとても大切になります。
冬のスキンケアは、一日中潤いを持続させることが基本となります。
乾燥肌が続いてしまうとシミ、シワといった肌トラブルの原因になってしまいますので、毎日のケアをしっかりしていきましょう。