春夏秋冬使い分け?効果の高いスキンケア方法

残暑が厳しい時期

秋と言ってもまだまだ残暑が厳しい時期は夏と同様に皮脂や汗汚れをしっかりと落としてあげるための「クレンジング」が大切です。
過ごしやすいからといって、メイクをそのままにして過ごすことのないよう、帰宅後はできるだけ早めにクレンジングしてあげましょう。
秋は肌が夏のダメージを受けているということを理解してスキンケアしてあげることがとても大切になります。
クレンジングでメイク落としをした後は、一度蒸しタオルを顔にあてて毛穴を広げてあげると「洗顔」がより効果的になります。
血行も促進されますのでお肌の新陳代謝が活発になるという効果も期待できます。
日焼け止めを使った日などはクレンジングと石鹸洗顔のダブル洗顔が大切です。
次に「化粧水」ですが、秋が深まって空気の乾燥が気になるようになったら、それまでよりも保湿効果が高い化粧水に切り替えましょう。
ヒアルロン酸配合のものなどが人気のようですが、乾燥が気になる部分には得にたっぷりと補給してあげることが大切です。
また夏に浴びてしまった紫外線はシミの原因となってしまいます。
「美容液」はシミ予防効果が高いと言われているビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが配合された美白美容液を使うのがおすすめです。
美容液をつける際には優しく顔全体をマッサージしてあげるとしっかり成分が浸透してくれます。
残暑が厳しい時期は冷房による乾燥、そして冬が近づくにつれて本格的な乾燥が気になる季節となってきます。
ダメージ部分はもちろん、しっかりと水分補給してあげることがとても大切な季節です。