春夏秋冬使い分け?効果の高いスキンケア方法

過ごしやすい季節

秋は1年の中でも気温や湿度も安定していて、過ごしやすい季節と言えます。
しかし、夏の強い日差しを浴びた肌は非常にダメージを受けていますので秋にしっかりスキンケアしてあげることはとても重要です。
夏のダメージをしっかりケアしてあげないと、シミやシワの原因となってしまいますので、安定した気候とは裏腹に、肌にとっては要注意の季節と言えるでしょう。
では秋の朝ケアについてその基本を見てみましょう。
秋になると皮脂の分泌も減ってきますので、秋の「洗顔」は脂分を落とし過ぎないように気をつけることが大切です。
また秋と言っても、残暑が残る時期と冬が近い時期とでは気温や湿度も大きく変わりますので、その時の肌の状態に合わせた「化粧水」を使い分けることが大切ですね。
乾燥が気になる部分にはたっぷりの化粧水で水分補給をしてあげましょう。
次に「美容液」ですが、秋が深まってくる10月頃まではまだまだ紫外線対策が必要となります。
美白成分やビタミンC誘導体などが含まれたものを利用してシミの原因を減らしていきましょう。
秋は空気が乾燥しがちになりますので、敏感肌の人などは肌のカサカサが気になる季節となってきます。
カサつきが気になる場合には、部分的に「乳液」を使って水分補給と保湿をするようにしてあげましょう。
暑さが和らいでくると急激に乾燥してくるのが秋の特徴です。
冬になると更に乾燥が気になるようになってきますので、カサカサ肌になる前に秋からしっかり水分補給をして潤いある肌をキープするようにしていきましょう。