春夏秋冬使い分け?効果の高いスキンケア方法

夏場のスキンケア

夏の肌は大量の紫外線にさらされていますし、汗や皮脂の分泌も多くなる季節ですので、帰宅したらできるだけ早く「クレンジング」でメイクと汚れを落としてあげましょう。
脂汚れがひどいからといって、激しくゴシゴシとするのではなく、あくまでも優しくクレンジングしてあげることが大切です。
またクレンジングだけではなく、しっかり「洗顔」することも大切です。
特に日焼け止めクリームなどを使った日はダブル洗顔がとても大切になります。
次に「化粧水」でしっかり水分補給してあげましょう。
特に夏場は肌がほてっていますので、ひんやりした使い心地の化粧水を使ったり、パッティングによって毛穴を引き締めて上げたりすることが大切ですね。
最後に「美容液」ですが、冷房による乾燥が気になる場合には美容液パックで優しく肌を癒してあげましょう。
紫外線の多い季節ですので、ビタミンC誘導体などが配合されたものがおすすめです。
気を付けていても、うっかり日焼けしてしまうことはよくあることです。
そういった場合には冷たいタオルなどでしっかり冷してあげることが大切です。
日焼けはヤケドと同じですので、まずは冷すということが鉄則となります。
肌がヒリヒリするような場合には肌のほてりがおさまってから保湿性の高い化粧水や美容液でたっぷり水分補給してあげましょう。
夏のスキンケアはUV対策が非常に大切です。
夏場にしっかりとスキンケアすることは、秋以降の肌の状態に大きな影響を与えます。