春夏秋冬使い分け?効果の高いスキンケア方法

紫外線量が多い時期

夏は皮脂の分泌が増えますし、汗もかくためどうしても肌がべたついてしまう季節です。
紫外線量も非常に多くなりますので、ダメージを受けないよう適切なスキンケアをしていくことが大切になります。
では夏の朝のスキンケアの基本について見てみましょう。
どんな季節でも「洗顔」は基本です。
特に熱帯夜だった場合には、寝ている間にかなりの皮脂が分泌されていますので、朝の洗顔は非常に重要です。
睡眠中に付着した皮脂をしっかり洗い流してあげないとメイクのノリも悪くなってしまいます。
また洗顔の最後に水ですすいであげると、肌に熱がこもらないのでおすすめ方法と言えます。
次に「化粧水」についてですが、夏は冷房によって肌が乾燥してしまうことが多いので、いつも以上に水分をたっぷり補給してあげることが大切になります。
夏の朝はひんやりとした使い心地に化粧水を使用したり、洗顔後に冷たいタオルで肌を冷やしたりすると毛穴の引き締め効果などもありますのでおすすめです。
また、紫外線が気になる場合にはUVカット効果のある美白化粧水を使うのがおすすめです。
「美容液」も保湿性が高いものを使いましょう。
普段は乾燥肌ではないと思っている人であっても、冷房の影響で普段以上に乾燥しがちになる季節ですので注意しましょう。
そして夏は紫外線対策が最も重要な季節ですので「UV下地」を使うことが大切になってきます。
UVカット効果のある機能性化粧品を使い、大切な肌を紫外線から守ってあげることが大切ですね。